骨粗しょう症ってどんな病気なの?

こんにちは!院長の平野です。
ただいま当院にて「骨密度測定」を実施中です!

今回はそれにちなんで「骨粗しょう症とはどんな病気なのか」をお話したいと思います。
簡単に言うと、骨粗しょう症とは「骨強度が低下し骨折しやすくなる骨の病気」です。
骨粗しょう症になると、骨の中がスカスカの状態になり、骨がもろくなってしまい、その結果ちょっとした衝撃でも骨折しやすい状態となってしまいます。
骨の強度は、「骨密度」と「骨質」が関係しています。

 

【骨密度】
身体の成長が止まると、その後の骨は変化しないものの様に思われがちです。
しかし、実は古くなり劣化した骨は、修復されて新しい骨へと生まれ変わるという新陳代謝が繰り返されているのです。
骨の新陳代謝は、 古くなった骨を溶かす「破骨細胞」と新しい骨をつくる「骨芽細胞」の働きによって営まれています。

①「破骨細胞」により古くなった骨が溶かされる。
↑              ↓
②「骨芽細胞」により溶けた部分に新しい骨が埋められる。

上記①②が繰り返される事により、骨は常に健康な状態を保っているのです。
(パワーバランス:「破骨細胞」=「骨芽細胞」)

f3

しかし、これが何らかの原因によりパワーバランスが崩れ
「破骨細胞」>「骨芽細胞」となると、「骨密度は低下=骨がスカスカ」の状態となってしまいます。

 

【骨質】
「骨」というとカルシウムを連想しがちですが、骨の体積の半分は、コラーゲンから成り立っています。
仮に「骨」を鉄筋コンクリートの建物に例えると、「カルシウム」=コンクリート、「コラーゲン」=鉄筋の役割を担っています。
そして鉄筋(コラーゲン)の強さを左右するのは、鉄筋(コラーゲン)同士をつなぎとめる「コラーゲン架橋」(=梁の役目)として、建物全体の強さにまで影響を及ぼしています。

12376395_1724184857800753_6446053569697445443_n

「骨強度」には骨密度が70%、「骨質」が30%関係していると言われています。つまり骨粗しょう症は、「骨密度の低下」と「骨質の劣化」、その両方が影響しあって骨折リスクが高まる病気とも言えるでしょう。

次回は、「骨粗しょう症の原因」についてお話しする予定です。

カテゴリー
アーカイブ
 
PAGE TOP

浜野接骨院

予約優先TEL.043-308-4976

24時間 LINE予約

治療案内

各種保険取扱・交通事故・労災・自費治療

対応可能な症状の一例
交通事故治療………
むち打ち、腰痛、打撲など
スポーツ障害………
野球肩、テニス肘、オスグット、ランナー膝、
グローインペイン、腰痛、アキレス腱炎など
スポーツ外傷………
突き指、足首の捻挫、肩の脱臼など
日常生活での痛み…
肩こり、腰痛、ひざ痛、五十肩、腱鞘炎、ぎっくり腰、寝違え、顎関節症など
慢性的な不調………
姿勢改善、歩行改善、骨盤矯正、頭痛、冷え症など
受付時間
  9:00 ~ 12:00
14:30 ~ 19:00

※土曜日は8:30~14:00まで

休診日:
水曜日、日曜日、祝日
アクセス

〒260-0824
千葉県千葉市中央区浜野町885-3 クレストコジマ1階

浜野接骨院の駐車場JR浜野駅西口より徒歩1分
駐車場 3台あり
★左の図をクリックすると
 拡大します